日焼けはNG

日焼けと脱毛は、実はとても深い関係があるのをご存知でしょうか。
脱毛経験のある方ならわかると思いますが、そうでない場合は、一見無関係に感じるかもしれません。

まずiラインの脱毛はエステや医療機関で行います。
エステでは光脱毛、医療機関ではレーザーを使用します。
光やレーザーを脱毛する範囲に照射します。光やレーザーは毛の元の黒い色素に反応します。

そして毛の元となる毛乳頭に、熱でダメージを与えることで毛を生えてこないようにさせるのです。
この「黒い色素に反応する」という方法こそが日焼けと関係があるのです。

脱毛効果が出やすいのはお肌が白く、毛が黒く太い方です。
毛の色素を見つけやすく、反応しやすいので脱毛効果が高まります。
しかしお肌が黒い場合には、毛の黒い色素を見つけ出すことができます。
結果、脱毛効果が出なくなってしまうのです。

それだけではなく、光やレーザーが毛ではなく黒いお肌に反応してしまったら大変です。
強い痛みを感じ、炎症や火傷の危険性があります。
危険があるため、日焼けしている方は施術を受けることができません。

日焼けの度合いにもよりますが、お肌が黒い場合にはできません。
ただ、iラインというのは日焼けすることはほとんどない部分だと思います。
しかし、お肌が色素沈着している可能性があります。その場合にも照射することができません。

シミやほくろなども同様です。範囲が狭ければそこを避けて照射します。
脱毛にはある程度の期間が必要なので、脱毛期間中は日焼けしないということが絶対条件です。

普段お歯を焼いている方にとっては辛いかもしれまえんが、脱毛完了すれば日焼けしても構いません。
少しの我慢と思い、紫外線対策を徹底しましょう。